クレイズホーム
製品情報 原型師の紹介 会社概要  
ブログ オンラインショップ 販売店の皆様へ お問い合わせ
 
原型師の紹介
 
松森淳二
●出身地:群馬県
●生年月日:1975年11月29日
中学生の時に制作した、クロネコのジジを制作することから、造形活動が始まる。
プライベートながら、この作品ですでに量産にも挑戦している。
学生時代に、宮川武により才能を見出され、プロデビュー。
デビュー作は、クレイズの「ミニルリちゃん」。

群馬県にて、第一回個展を開催する。
毎年、秋葉原にて行われるクレイズ主催のイベントにて、個人作品の展示と制作実演を行っている。

造形について
─作品制作に使われている造形材料を教えてください。─
ファンド、ペンギン粘土、ポリポテ等を経て現在は、セメダイン社のエポキシパテ木部用で造っています。

─作品の塗装は何で行われていますか?─
ブラシはラッカー系で吹いて、瞳はアクリル系で描いています。

─ご自身の造形を、一言で表すとどのような言葉になるでしょうか?─
憧れ

─造形で大切にしている部分はありますか?─
この想いが届けばいいなと思って造っています。

─作品作り以外で、趣味や好きな事はありますか?─
映画鑑賞
香港や韓国の映画が好きです。

─ご自身が他の原型師と、一番違うと思う部分、または、他の原型師にはないと思う部分はなんでしょうか。─
難しい質問ですね。
目に見えるものではないかもしれませんが、中性的なものの捉え方なのではないかと思います。

     
back
  Copyright (c) 2008 cLayzonline web design all rights reserved.
サイトマップ プライバシー&ポリシー
  美少女フィギュア│クレイズオンライン
ご注文フォームはこちら